≪king-dangの領域へ…≫

≪king-dangの領域へ…≫

先日からちょいちょい出てくるキーワード「king-dangジャン」。これに関し各方面から「で、結局何なの?」「何が禁断なの?」というお問い合わせが殺到している(本当は数件のみ)。という訳で、今回はそれをご説明。

まず「黒白2トーンのアメリカン・スタイル・ライダース」と言えば、自分の中ではこれしか認めていなかった。あまりにも存在がデカ過ぎ。
DSC04722.jpg
ジョニー・サンダース・モデル

DSC_2311.jpg
要は自分にとって「黒白2トーンのアメリカン・スタイル・ライダース=ジョニジャン」ってこと。

しかし、それを覆す劇的なカッコ良さの「黒白2トーンのアメリカン・スタイル・ライダース」を雑誌で見つけてしまう。

これが悲劇の始まり。それはジョニジャンとは全く白の配色も違うしディテールもかなり違う。しかしとんでもなくカッコいい。雑誌のクレジットを見ると、高円寺の某古着屋の商品。値段は60万円…正直、買えないよね(苦笑)。で数日後、「買えないにしろ実物を見たい」という感情のおもむくまま足は高円寺へ。現物拝見。この瞬間、雑誌を見た時の悲劇は現実となる。「ジョニジャン以外の黒白2トーンのアメリカン・スタイル・ライダースも(自分の中で)あり」となってしまった。

だからと言って60万円なんて出せない。ただ、何とも言えぬ抑えきれない衝動が自分を襲う。
そんなタイミングで見つけてしまったのが、コレ。
DSC_2308.jpg
SCHOTT社製。
黒白2トーンでワンスターという点で考えれば、ここ数か月の私の「ジョニジャン熱、ラモーンズ熱、両方を満たす奇跡的一着」とも言えるが、黒白2トーンではやはりラモーン感は薄い(笑)

DSC_2309.jpg
「ジョニジャンとの違い」
・上襟が白
・ポケットに玉縁がある+玉縁が白
・キドニーパッド(バックの裾の切り替え部)が黒
・カフジップが後方に付く。
・アクションプリーツが付く。

と大まかに言えばこの5点。

GWのみちのくひとり旅での相棒であったコイツだ。
60万円ジャンと全く同じ仕様のレプリカ。
これを下北沢「MACK THE KNIFE」で発見。
見つけて値札を見た瞬間に、気持ちが傾く…まず試着。
試着してみると「何か違うな…」と意外とあっさり答えが出る場合もある。
しかし今回は違った。サイズも良し…欲しい…。

数日後、再度下北沢「MACK THE KNIFE」へ。
再び試着⇒購入へと至った。

今まで自分の中でNG視していた「ジョニジャン以外の黒白2トーンのアメリカン・スタイル・ライダース」を入手した瞬間=king-dangの領域へ突入、という事である。
DSC04722.jpgDSC_2308.jpg
ね、白の入り具合が違うだけで、随分雰囲気違うでしょ?
え?あまり違いを感じない…すみません、自己満足の世界なんで、そのままお付き合い下さい。

となると…
2TONE.jpg
「ジョニジャンとの違い」
・ポケットに玉縁がある+玉縁が白
・ベルトループが白
(※バックデザインは不明)

当然こういう方にも興味が行きだす…これが「革ジャン蟻地獄」、はたまた「終わりなき革ジャンの旅」ってヤツだ。ちなみにこの革ジャン画像、確かTAGO!さんのブログから拝借して保管してた画像だな。TAGO!さん、ご不要でしたらお譲り下さい!(笑)

※下北沢「MACK THE KNIFE」リンクしました。

では!



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

GIGOLO13

Author:GIGOLO13
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR